2019年1月18日(金)公開

客を疑うか、信じるか?

潜入捜査官×ホテルマン 正反対のコンビが、連続殺人事件に挑む!

湯川学「ガリレオ」、加賀恭一郎「新参者」に続く、新HERO<新田浩介>誕生。東野圭吾、新たなる傑作ミステリー始動!

原作紹介

木村拓哉 長澤まさみ 原作:東野圭吾「マスカレード・ホテル」(集英社刊) 脚本:岡田道尚 音楽:佐藤直紀 監督:鈴木雅之

INTRODUCTION

検事、総理大臣、天才外科医など数々の職業を演じてきた木村拓哉が初の刑事役! 潜入捜査先で共に事件の真相に迫るホテルマン役には初共演の長澤まさみ。 原作の「マスカレード・ホテル」は、シリーズ累計300万部を突破した東野圭吾作品の中でも屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズの第1作。 先日発売された最新作「マスカレード・ナイト」も話題を呼んでいます。 発売直後から各社映像化権を巡り争奪戦となりましたが、なかなか実現しなかった本作が、発売から6年の歳月を経て、遂に木村拓哉、長澤まさみという最高のキャストと共に実写化します。 作品の舞台となるのは都内の高級ホテル・コルテシア東京。 次々と現れる素性の知れない宿泊客の“仮面(=マスカレード)”を剥がそうとする木村拓哉演じる警視庁捜査一課の刑事。 その“仮面”を守ろうとする長澤まさみ演じるホテルマン。 この水と油の異色のバディが屈指の難事件に挑む、超豪華ミステリーの誕生です。 本作の主演は、木村拓哉。捜査一課のエリート新田浩介役として、連続殺人事件の次なる舞台として予告されたホテル・コルテシア東京にホテルマンに扮して潜入捜査に挑みます。 また、木村拓哉は本作品が東野圭吾作品初出演となります。 そして、コルテシア東京に勤務し、新田の教育係に任命されるフロントクラーク・山岸尚美役には長澤まさみ。 監督を務めるのは、「HERO」シリーズの鈴木雅之。 脚本は、「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚が務めます。 シリーズ累計300万部突破の東野圭吾の超人気原作で、 木村拓哉が初めて刑事役を演じ、初共演となる長澤まさみをパートナーに 連続殺人事件の真相に迫る超豪華ミステリーは2019年1月18日(金)公開!!

STORY

都内で起こった3件の殺人事件。 すべての事件現場に残された不可解な数字の羅列から、事件は予告連続殺人として捜査が開始された。 警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村拓哉)はその数字が次の犯行場所を示していることを解読し、ホテル・コルテシア東京が4番目の犯行場所であることを突きとめる。 しかし犯人への手掛かりは一切不明。そこで警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断し、新田がホテルのフロントクラークとして犯人を追うこととなる。 そして、彼の教育係に任命されたのは、コルテシア東京の優秀なフロントクラーク・山岸尚美(長澤まさみ)。 次々と現れる素性の知れない宿泊客たちを前に、刑事として「犯人逮捕を第一優先」に掲げ、利用客の“仮面”を剥がそうとする新田と、ホテルマンとして「お客様の安全が第一優先」のポリシーから、利用客の“仮面”を守ろうとする尚美はまさに水と油。 お互いの立場の違いから幾度となく衝突する新田と尚美だったが、潜入捜査を進める中で、共にプロとしての価値観を理解しあうようになっていき、二人の間には次第に不思議な信頼関係が芽生えていく。そんな中、事件は急展開を迎える。追い込まれていく警察とホテル。 果たして、仮面(マスカレード)を被った犯人の正体とは・・・。

木村拓哉(新田浩介役)

新田の職業は刑事ですが、今回は潜入捜査であり、ホテルマンでもあるので、そのバランスが非常に面白いと思っています。ホテルマンの制服に袖を通すと、自然と背筋が伸び、この作品に関わっている間は、ずっと姿勢が良いと思います(笑)長澤さんは非常に表現豊かな方なので、どのようなシーンを一緒に構築できるかとても楽しみにしています。『マスカレード・ホテル』という非常に面白い原作を、如何に自分たちが体現できるかプレッシャーはありますが、全力で頑張ります。

長澤まさみ(山岸尚美役)

原作を読んで、刑事とホテルマンの心情にハラハラドキドキしてあっという間に読んでしまいました。仕事に対して真摯に付き合う姿勢は、今の自分にとても響きました。山岸尚美という役は、正義感が強いのが彼女のプライドだと思うので、それを意識して演じたいと思います。また木村拓哉さんとは映画本編で共演するのは初めてなので、とても楽しみです!

監督:鈴木雅之

ホテルという世界を想像する事はものを作る気持ちを刺激します。それはそこに集まる得体の知れない人々がいるからで、今回はとても怪しくチョイと魅力的な人々がやって来る、そのことにワクワクします。そして、その最たる人が刑事です。そんな刑事とホテルマンという我々が想像するには水と油な2人が、お互いを知っていく事や、マスカレードと言う“仮面の世界”の面白さとその仮面の内側を知る事の喜び、そんなところが今回の楽しみなところです。